アフリカ大好き国際協力で戦う33歳・りさぴょん日記。婚活中!

アフリカ、女性の国際協力のキャリヤや経験、婚活を書き残していくためのブログ。

MENU

オランダ大学院留学、International Institute of Social Studies(ISS)で開発学を学ぶ。①コースの紹介。

こんにちは、アフリカ大好きマルチリンガル・りさぴょん(@LisapyonKenya)です。

 

私はオランダ・ハーグにある大学院に留学して、開発学修士号を取りました。

大学院の情報を集めているときにISSの情報があまりなかった。というのも、日本人で開発学を学ぶ人はUKに行くことが多いから。もちろんUKには有名な大学やある分野が得意な大学もある。なので、こちらで紹介したいと思います。

 

 なぜオランダ大学院留学にどうたどり着いたかは、別に記事に書いています。

www.lisapyon.com

 

 

SPDコースの遠足でブダペストへ。

International Institute of Social Studies(通称:ISS) www.iss.nl

 

修士課程と博士課程の開発学の学生300名くらいが在籍しています。

ISSは、Erasmus University Rotterdamのが親学校になっていて、学校のシステムはErrasmus Universityに合わせています。申請するときのウェブページは、こちらの大学と連携したものになっています。学校はあくまでもハーグにあります。Eramus大学はロッテルダムですが、場所が違いますので、注意を!

 

ISSのMajor(メジャー)は?

修士課程(Master)は6つの学部(Major)に分かれています。

Agrarian, Food and Environmental Studies (AFES) 

 AFES(アフェス)と呼ばれる農業や環境から開発です。ISSは農業系が元々強いため、有名なコースで先生もそろっていると言われています。農業だけでなく、環境系分野のひともたくさんいました。食糧支援等の緊急支援を論文に書いている人もいたかな。

Economics of Development (ECD)

 ECDは、開発経済学を中心としています。統計等のコースもあります。このコースリーダーの教授は結構厳しい人で、基礎的に知識を全員に持ってもらうために他のコースとは別に必須の経済学や統計の教科を受ける必要があります。

Governance and Development Policy (GDP) 

GDPはガバナンスからみた開発学です。各国のエリート候補が結構ここに入ってきます。インドネシアの省庁出身者やアフリカからの奨学生が多い学部です。

Human Rights, Gender and Conflict Studies: Social Justice Perspectives (SJP)

SJPは人権やLGBTsについて関心がある人が多いコースです。開発xLGBTsは新しい分野ですが、世界中からこのコースに参加しています。自分自身がLGBTsでこのコースを選んでいる人が多いです。あと、ジェンダーに関する研修をしている人です。フェミニストがかなり多いです。

Social Policy for Development (SPD |

SPDは社会政策のコースです。一番あいまいなコースですが、私はここに入りました。世界の社会福祉やいまトレンドのセーフティネットについて学び、議論します。

私のインタビュー記事です。

www.iss.nl

Governance, Migration and Diversity track (GMD) 

GMDは私がいた2018年から始まった新しいコースです。移民に関するコースですが、他の大学院の学生と一緒に3大学で授業を受けるユニークな制度を取っています。他のコースとまったく仕組みが違います。私がいたときはできたばかりで手探り状態でしたw今はちょっと内容が変わっているかもしれません。

 

Majorですが、入学してからでも変えることができます。

いや、Major変えたら全然トピック違うやん!ってわたしは思ったけど、変更した人は150人中5人くらいはいたと思います。入学して最初の6ヵ月基礎授業で全部のMajor(GMD以外)が一緒に受けるため、結構経ってから変更する人もいました。

 

SPDには女性が多い。フィリピン、ナミビア、インド、インドネシアの友人と。

Specialization(スペシャリゼイション)とは?

Majorのさらに下にSpecializationという仕組みがあります。さらに細かい分野に特化したコースです。私はChildren and Youth Studies (CYS)でした。SPDの中の選択必須授業の中で、Children and Youth Studies (CYS)が指定した2つ以上のクラスを取ると、Specializationという称号がもらえます。そう、あくまで称号的な感覚です。なので、あまりコースという感じではなく、ある特定のクラスを2つ以上取れば、私のSpecializationはCYSになるというわけです。逆に特定のクラスを2つ以上取っても、卒業証書に載せたくないと学校に言えば載せません。

SPDは全部25名くらいいて、CYSは4-5人いました。ずっと同じ授業を一緒に取っているので、必然と仲良くなりました(^^♪

入試の時には、Majorは決める必要がありますが、Specializationは入学してから決める人が多いです。

  • Children and Youth Studies
  • Conflict and Peace Studies
  • Econometric Analysis of Development Policies
  • Environment and Sustainable Development
  • Human Rights
  • International Political Economy and Development
  • Local Development Strategies
  • Public Policy and Management 
  • The Global Economy
  • Women and Gender Studies

 

コースに迷ったときは問い合わせしてもいいと思います。広報担当者の人が先生を紹介してくれたりします。.

卒業生の卒業論文(Research Paper=RP)を読んでみるのもいいと思います。気になるテーマと地域で検索して、どんな人などんなコースでどんな教授の下についていたのか、知ることができます。ISSではthesisとは言わずにRP(アールピー)と呼びます。締切近くになると、「RP」という言葉禁句になりますw

Erasmus University Thesis Repository: International Institute of Social Studies

 

もちろんISSの情報は少ないので、りさぴょん(@LisapyonKenya)に相談してもらってももちろん構いません。ISSはすてきなだいがくなので、後輩が増えるとうれしいな。