アフリカ大好き国際協力で戦う33歳・りさぴょん日記。

アフリカ、女性の国際協力のキャリヤや経験、語学研修を書き残していくためのブログ。

MENU

りさぴょんのプロフィール

ようこそ、アフリカ大好き・りさぴょん日記へ。

 

 

三関理沙(みせきりさ)、1986年生まれ、アフリカの子どもの社会保障専門家。

 

大学生の時にスタディツアーでカンボジアに訪れてから、国際協力の世界に飛び込む。東南アジアゼミに所属して、NGOでインターンやボランティアをする。しかし、国際協力関係の就職はできず、第二希望の貿易事務ができる会社に就職する。

中学校からやっているソフトテニスを社会人になり、どっぷりハマり、2013年に、栃木の国体選手になり、東京都クラブチームリーグで一部優勝に導く。ソフトテニスもやりきって、結婚のタイミングも逃し、キャリアチェンジで青年海外協力隊として、ケニアへ。やりかった子どもの支援を草の根で経験し、アフリカの子どもの社会保障専門家を目指すことを決める。

帰国後、日本のNGOで1年広報・イベント担当をしたのちにオランダの大学院ISSで開発学を学ぶ。ケニアにおける子どもの施設ケアを問題視して、施設ケアから家庭ケアを推進し、訴えるようになる。

現在、より多くの子どもたちが家庭で暮らせるようになってほしいという願いから、特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLASで海外事業マネージャーとして働く。

Twittter: https://twitter.com/LisapyonKenya

 

講演、登壇、記事執筆・寄稿の依頼は、お問い合わせフォームからお願いします