アフリカ大好き~国際協力で戦う35歳・りさぴょん日記。

アフリカ、女性の国際協力のキャリヤや経験、婚活を書き残していくためのブログ。

MENU

ジンバブエの気候・旅行にオススメの季節・持っていくべき服装は?マラリアは?

アフリカ大好きりさぴょん(@LisapyonKenya)です。

今日はジンバブエの気候や服装についてお話します!

 

 

目次

 

 

ジンバブエはアフリカの南部に位置して、標高が高いため、一年を通して、暑すぎず、寒すぎず、過ごしやすい気候です。日本の四季は激しいですよね。

首都ハラレは標高1500mの高地です。標高が高いので、最初は眠りが浅くなったり、運動をして息が切れるのが早かったりします。自然に高地トレーニングできますねw

ハラレでいつも6キロランニングしていますが、日本に帰ると同じ感じで10キロ走れます。「えっなんか空気が濃いってこうゆうことか」と体験できると思います。

 

ジンバブエの平均気温

参考元https://ja.weatherspark.com/y/96831/%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%80%81%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%96%E3%82%A8%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B9%B4%E9%96%93%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%B0%97%E5%80%99

乾季と雨季

日本のような四季ではなく、雨季(11月~4月)と乾季(5月~10月)に分かれます。東アフリカは大雨季と小雨季がありますが、南部アフリカのジンバブエでは長めの雨季が1回です。気候変動のせいで、毎年雨量が異常に多かったり、少なかったり、変な時期に降ったり、以前よりも予想しにくくなりました。

雨季

11月になると少しずつ雨が降り始めるので、人々が畑にトウモロコシの種をまきます。雨水に頼った農業をしている方が多いので、毎年の雨の時期によって農家さんは作業を始めます。

日本の梅雨のように1日中降っているわけではなく、朝夜を中心に大雨が降って、昼間は曇り、晴れている時もあります。晴れているうちに洗濯ものを干そうと必死になる時期です。雨季と言っても気温は20度以上あるので、半袖のことが多く、出かける時に薄い長袖を持っておくと安心です。

雨季といえど、大雨が降るのは夕方から翌朝なので、レインコート上下はいらないかもしれないです。雨が降った時の移動でも濡れないように薄手のレインジャケットがあるといいですね。ノースフェイスやグレゴリー等の登山メーカーの薄いレインジャケットが一枚あると便利です。

 

乾季

4月になると雨が降らなくなり、だんたん涼しくなっていきます。一番寒い7月にかけて寒くなり、とても空気が乾燥しています。ジンバブエには加湿器を使う文化はありませんが、日本から持ってきて使っている人も多いです。そんなに日に当たってないのに、腕と足がカサカサ!!!スーパーでニベアを買ってたくさん塗って寝てます。

ジンバブエの夏

10月にドンボシャワに行ったときの写真

こちらの人は、夏(summer)と呼んで一番暑いのは10月です!乾季の最後の時期!写真のようにみんな半袖で出掛けます。女子も半ズボンが着れる季節です。

暑い時期は、9月中旬から 12月上旬まで 続き、1 日平均の最高気温は 26°C を超えます。

ジンバブエの夏(10月)は日差し強く30度以上ですが、日本のように湿度が高くないので、過ごしやすいです。日差しが強いので、日焼け止めや帽子が必須です。しかし、朝夜は涼しくなるので、薄い長袖で寝る日もあれば、半袖で寝る日もあります。基本的にはクーラーは無く、扇風機を使います。事務所等風通しの悪い場所は熱気が籠るので、扇風機を使います。でも、汗をかくほどでないです。

昼間、日差しが強い中運動をしていれば、熱射病や熱中症になるリスクはあると思いますが、湿度が高くなく、カラっとした暑さで、この時期に熱中症で倒れるというは聞きません。

 

9月~12月

洋服(昼間):半袖/ノンスリーブ+半ズボン/長ズボン

洋服(朝夜):半袖/薄い長袖++半ズボン/長ズボン

※夏の時期も夜は少し冷えるので、私は薄い長袖と長ズボンで寝ています。

4月にドンボシャワに行った時。

4月は夏と冬の間で昼間は半袖ですが、長袖があった方がいい時期ですね。この日は半袖の人と長袖の人もいますね~。ドンボシャワという場所は丘の上で綺麗な景色が見れるのですが、風が吹くと寒いので、といういった場所にいくには長袖の上着を持っていくのがいいと思います。

 

ジンバブエの冬(6,7月)

平均最低気温は 9°C、最高気温は 21°C です。6~8月は1日の寒暖の差が激しく、日中は暖かいですが朝晩の気温は10度以下にまで下がります。

日本の冬よりも気温は低くないとは言え、

ジンバブエが寒いです!

なぜかというと、日本のように保温性の高い洋服、家、暖房器具がないんです!!!

毛糸の帽子をかぶっている人は多いです。手袋まではいらないかな。夜のセキュリティーの仕事をしているような人は手袋をしていますが、マフラーはほしいが手袋はいらないかなという寒さでうs。

とにかく家の中が寒い!

友人の結婚祝いを家で、6月

一般の家は、床が石やレンガ等々でできているため、足元がめっちゃ寒いジンバブエでモコモコの靴下を履いています。モコモコの靴下だけでは寒くて、フリース付超モコモコ靴下を日本から持ってきました。在宅をしている時はひざ掛けが必須です。私はスーパーで売っているミニ毛布を20ドルで購入しました。

上の写真は友人宅でパーティーをしたときの写真ですが、6月末で寒かったので、みなさんセーターを着てるのがわかりますか?私はこの日、ユニクロヒートテックに、ワンピースを着て、その上にフリースのジャケットを着ています。おうちパーティと言えど、6,7月のハラレは寒いです!

洋服:(昼間、家の中)ユニクロヒートテック、長袖のシャツ、フリースorウルトラライトダウン、長ズボン

ホテルも含めて、1980~1990年代のジンバブエバブル期に建てた建物をリノベーションして、使い続けている建物が多いため、建付けが悪く隙間から風が入ってきて寒いです。夜寒いと思ったら、ホテルスタッフに頼んで追加のブランケットをもらってください。

我が家は築100年の家ですこぶる寒いです。7月はヒートテックに長袖のトレーナーにスウェットのズボンがパジャマです。ベットには、毛布を敷き布団の上に敷き、毛布と掛け布団2枚をかけて寝ています。毛布を敷かないとシーツが冷たくて、寝る時寒いんです。ハラレでは電気毛布を提供してくれるホテルは少ないですが、ニャンガやグウェル等さらに寒い地域で80ドル以上のホテルであれば、電気毛布が提供されるかと思います。

外の方が暖かい!

はい、冬でも昼間であれば、20度くらいある日もあるので、外で日差しを浴びた方が断然暖かいです!なので、在宅の時に庭にテーブルと椅子を出して仕事するときもありました。出掛ける場合は着るものを脱いだり、着たり、できるようなジャケットがあるといいと思います。ずっとひなたにいると暑くて半袖になりたいような瞬間もありますが、日差しが変わると急に寒くなり、ジャケットが必要になるという難しい時期です。

観光や出張で車に乗ったり、歩いたりするのであれば、日差しがある昼間は暖かく感じるので、上着が脱ぎやすいものにしましょう!

ビクトリアフォールズに行った7月!

7月にビクトリアフォールズに行ったときの写真です。ヒートテックの上に、ウルトラライトダウンを着てても寒かったです。

 

寒い地域

ジンバブエの中でも寒い地域と暑い地域があります。ジンバブエではGweru(グウェル)Nyaga(ニャンガ)Mutare(ムタレ)が寒いと言われてます。Gweruはハラレと同じ標高なのにさらに寒いのは何でだろうw夏でも、朝夜は長袖が必要だし、冬の期間は夜がかなり寒いと思うので、ヒートテックやスウェット等を用意してください。

暑い地域

基本的に南にいくと寒くて、北にいくと暑いと言われています。ザンビアの国境となっているカリバ湖ザンベジ川までいくと標高もかなり下がるので、暑いです。サファリが人気のマナプールは結構暑かったです。カリバ湖沿いにあるビンガという町に出張で行きましたが、ジンバブエで一番ここが暑いのではないかと思いました。夜はクーラーをつけて寝て、朝10時の時点で日差しが強くて、一日中半袖ショートパンツで過ごしました。乾燥している地域で電気や水の確保が大変な地域なので、地元の人はこの暑さをどうやってしのいでいるのだろうかと思うくらい。しかし日本の8月のように湿度の高い暑さではないので、日差しが厳しいですけど、耐えられる感じです。日差しが強いので、肌がすぐに乾燥して、目も痛いし、唇もカサカサになるので、そこは注意です。帽子や日焼け止めは必須です。

私は飲む日焼け止めを愛用しています。飲み忘れた日にすごい肩が日焼けしてしまったことが何回かあるので、効果があると私は思ってます!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロート製薬 ヘリオホワイト 大容量 60粒(60粒)
価格:5832円(税込、送料無料) (2022/11/4時点)

楽天で購入

 

 

マラリア

マラリア原虫をもった蚊(ハマダラカ属)に刺されることで感染する病気です

アフリカに行こうと思った方なら、聞いたことがあると思います。マラリアは現地の方がよくかかる病気ではありますが、何が恐いかというと、「死」の危険もある病気ということです熱帯熱マラリアは発症から24時間以内に治療しないと重症化し、しばしば死に至ります。脳症、腎症、肺水腫、出血傾向、重症貧血など、さまざまな合併症がみられます。

ジンバブエでは北部の暑い地域は危険地域なので、予防をすることが必要です。

  • 夕暮れから明け方にかけて蚊が出てくるので、長袖・長ズボンを着用する
  • マラリア予防薬を飲む。予防薬は毎日飲むタイプと1週間1回飲むタイプがあります。副作用もあると言われていて、飲まないことを選ぶ人もいます。日本で購入するとめっちゃ高いので、現地で購入することをおすすめします。首都の薬局であれば、だいたい売っています。
  • 肌や洋服に虫よけスプレーを使う。濃度が高いDEET(ディート)を購入するのがいいです。ズボンと靴の間が刺されやすいのでそこ重点的に。
  • 寝る部屋におすだけベープを使う。

参考: FORTH|マラリアについて

私はこの会社の回しものかと思うくらい私のブログで宣伝していますが、旅行に行くときにおすだけベープは絶対持っていってください。

  • ワンプッシュするだけで蚊が目の前で落ちていきます(強すぎて体に悪い?w)
  • 缶スプレーではないので、飛行機への持ち込みも心配ない

 

 

ということで、ジンバブエの気候や服装について紹介しました!とても過ごしやすい気候です。しかし、アフリカだと思ってなめていると6,7月がぶるぶる寒いので、暖かい服装も忘れずに!

アフリカ大好きりさぴょん(@LisapyonKenya)でした!